中央最低賃金審議会が、2019年度の全国の最低賃金の目安を27円引き上げて時給901円にする方針を決めました。これにより、東京都と神奈川県は1000円を超える見込みです。
いよいよ最低賃金1000円超時代がやってきたようです。